アスベスト石綿工場の被害者に対して、最高1300万円の賠償金が支払われます

アスベスト(石綿)訴訟(工場労働者型)とは

アスベスト(石綿)工場の元労働者やそのご遺族の方々が国に対して訴訟を提起し、一定の要件を満たすことが確認されれば訴訟の中で和解手続きを進めて国から損害賠償金が支払われるアスベスト被害者のための制度があります。

平成26年10月9日の最高裁判決において、国が規制権限を行使してアスベスト(石綿)工場に局所排気装置の設置を義務付けなかったことが、違法であると判断されました。

アスベスト(石綿)訴訟の訴訟類型には、工場労働者型(屋内型)の他に、建設労働者型(屋外型)と呼ばれるものもあり、建設労働者型に関しては確立された要件が示されておらず個別の事情によって見通しが大きく左右されます。

サリュは福岡に密着。アスベスト(石綿)訴訟についてのご相談

福岡に2拠点(福岡市天神・北九州市小倉)

サリュは福岡県内に福岡市と北九州市の2拠点を構える弁護士法人です。交通事故やB型肝炎訴訟など高度な医学知識を必要とする損害賠償請求事件を多数取り扱ってきました。

アスベスト(石綿)訴訟を資料収集から賠償金の受け取りまで福岡の皆様を親身にサポートいたしますので、お気軽に無料相談をご利用ください。

北九州市小倉
弁護士法人サリュ北九州事務所のご案内
無料相談を実施中
福岡市天神
弁護士法人サリュ福岡事務所のご案内
無料相談を実施中